パニック障害とは一体どのような病気なのか?

現代社会のストレスや様々な問題、生活環境が引き起こすケースが多く、うつや精神疾患との関連性も多くあります。本人をとりまく環境が発病を呼び起こすケースが多く、あらゆる世代や男女の区別なく多くの方が悩んでいます。最近では医療もオープンになって、症状も認知されてきた傾向がありますが、現実には他人から判断しにくい病なので、健常者から誤解されてしまうことも多くあるようです。

日常生活の様々な場面の中で、突発的に発作がでることが特徴です。短時間で治まることも多いのですが、本人が望んでない場面で突然始まることが多く、その為に予期不安が日々の苦しみを誘発します。病気と言っても病院に入院して治療する病とかではなく、通院により改善してゆくのが一般定期な方法です。発作の症状が出ない時は全く普通の日常生活を送れますが、発作に襲われると尋常ではない苦しみに心身共に犯されます。この通常の状態と通常ではない状態が定期的に訪れることが象徴とも言われています。脳科学的に言えば脳の成せる業であり、心療の立場から見ると心や精神的な病と言うことになります。

主に心理的な影響がパニック障害を引き起こす原因と考えられていますが、突然の発作などを防ぐために薬を投与します。薬で発作をコントロールすることで少しでも日常生活に影響を与えないようにすることと、根本的な治療の為に、発作の不安を減らすことの手助けとなっているのです。発作には人それぞれの特徴があり、治療には医師の診断が必要と考えられます。