パニック障害の主な治療法

パニック障害は主に薬物療法、認知行動療法で治療していきます。
心療内科・精神科・精神神経科を受診し、治療が始まります。

薬物療法では抗不安薬を使用し、パニック発作を抑制させます。
抗不安薬には長期作用型・中期作用型・短期作用が型があり、患者さんの症状によって様々です。
強い副作用を引き起こしたり、依存症になる恐れもありますので、すべてお医者さん任せにせずに患者さん自ら薬についてよく知る必要があります。

認知行動療法は心理療法のことで、パニック障害だけでなく不安神経症や強迫神経症、摂食障害、PTSDなどの治療方法としても実践されています。
認知行動療法は高い治癒率、短い治療期間、低い再発率においてとても優れた心理療法です。
患者さん自身が自分の病気の症状を理解して治療していけるようにと、患者さん目線で考えられた最良の治療方法とされています。

よく医師と相談して実践していきましょう。
パニック障害は、発作→予期不安からうつの状態にも陥ってしまう傾向がとても多くある病気です。
正しい治療をしなければ慢性化してしまうので、パニック障害の治療を特に専門としている医師による治療をしっかり受けましょう。