パニック障害について相談したいなら…

パニック障害の第一の克服法は、早期に診断を受けることと早めの治療を始めることです。
発作がはじめて起きたときから2~3ヶ月以内に治療を始めるのが望ましく、早期に診断と治療を受けることによって8~9割はパニック発作がなくなる傾向が出ています。

そのためには安心して信頼できる医師を早期に見つけることが大切です。
パニック障害の受診は、心療内科・精神科・精神神経科が主に専門科としてあります。
行きつけの病院に上記の専門科があれば、まずはその科の医師に相談してみましょう。

初めての心療内科や精神科の受診は少しためらってしまうかもしれませんが、パニック障害は早めの治療を受けることで治る確率も高くなります。
診察も医師と話をすることが主ですので、心配はいりません。
医師などの誰かに話しを聞いてもらうだけでも気持ちは前向きに変わってきますので、相談しようか悩んでいる場合には、思い切って病院に行ってみましょう。

もし専門の医師や病院がわからない場合は、地域の保険センターに問い合わせをしてみましょう。
また、最近ではインターネットで簡単に病院検索をすることができるようになりました。
地域での検索、症状による検索で自分の症状にぴったりの病院を探すことができます。
保健センターに電話をしたり直接誰かに聞くのは恥ずかしい、という場合でもインターネットなら簡単に病院を探すことができます。
パニック障害を専門としている医師に早期に相談し、ゆっくりと治療していきましょう。