パニック障害と薬との上手な付き合い方

パニック障害を治す「薬」というものがハッキリあれば良いのかも知れませんが、症状が初期の方や、長期間苦しんでる方等すべてに当てはまる薬を探すのは困難なようです。

中には薬が嫌で使用したくない人もいると思います。ご自身がパニック障害ということをどこかで拒否してらっしゃる人もいると思います。又、パニック障害は薬では治らないと考える人もいると思います。

確かに、ただ薬さえ飲んでおけばよい訳ではありませんが、突然やってくる発作を回避しようと我慢しているだけでは、解決の方向につながる治療にはつながらないと思います。「薬」の役目は、症状を抑えることです。いつやってくるか予測の出来ない症状に振り回されるということ自体が苦しく、重く心にのしかかっていてはよい結果に結びつかないと考えられます。それに前もって発作を防ぐために「薬をうまく利用する」ことで安心感も生まれてきます。そうすれば根本的な治療の工夫や時間を作る事も充分に可能となりますし、「発作が起こる」という不安がない状態が長く続いたほうが精神的にもより安心な時間を持てることにもなります。

「薬」はその使い方次第で症状をコントロールし、和らげ、不安を減らすことでより良い治療法につなげて行くいちばん良い手段といえます。そして貴方の症状に合った薬は症状を良い方向へ導く為の手助けをしてくれます。その為のひとつの方法として「薬」を活用することは、とても良い結果につながると考えられます。

どの薬がいちばん適しているのかをよく主治医などに相談してください。