どんな漢方薬がパニック障害にどんな効果があるか

漢方薬は西洋医学の薬よりも比較的自然や天然に近いものが多いので、副作用についても少なくて効用もしっかりしたものです。実際にある漢方薬の中から幾つかを参考にしてください。

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)気分を落ち着かせる、咳や吐き気をおさえる効果があります。疲れやすくて繊細な人や、喉のつかえにも使われます。イライラ感や緊張感、不安感にも良いとされています。副作用は人によりますが、服用時にむかつきがあったり、食欲がなくなるなどもありますが、時間が経てば直ることが多いので不安であれば医師に相談をお勧めします。

加味逍遙散(かみしょうよんさん)冷えやのぼせ、倦怠感、不眠、自立神経失調などに効果があります。ホルモンのバランスを整えるのでどちらかと言うと女性に適してるといえるでしょう。虚弱で疲れやすいとか、イライラ不安感にも適しています。副作用は大量服用や複数の薬との長期併用などでむくみや血圧が上がることもあるようですので、心配があれば専門店や医師とも相談してください。

甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)興奮状態を沈め、体力不足で虚弱な子供や女性に使われます。身体を冷やして興奮をおさえる作用があります。重い副作用はありませんが大量服用や長期服用には注意必要です。

西洋の薬の方が東洋の漢方より即効性があると言われています。漢方の考えは身体全体を見て治して行くのですから、人によって体質で大きく左右されるとも言えます。専門家や医師と相談して、西洋の薬と漢方をうまく両立する道をお勧めします。治療にとって薬は必ず役に立つものですから、上手く使ってゆくことです。