パニック障害は遺伝する?

質問:パニック障害は遺伝する?

回答:パニック障害は家系によって遺伝することが多くみられている病気です。
特に男性よりも女性に多く、母親や姉妹がなる確率が高いと考えられています。

また、双生児にもパニック障害の遺伝が関係していると言われていますが、一卵性双生児・二卵性双生児共に、パニック障害が一致する確率としてはそれほど高いものではありません。
双生児間に関しては遺伝よりも環境因子が関係していると考えられます。

パニック障害の遺伝は「単一遺伝子遺伝」の可能性が最も多くあります。
父親もしくは母親のどちらかの家系からの遺伝というわけです。
しかし、子供の頃ではなく思春期以降のパニック障害の発病では、環境因子も深く関わってきますので、遺伝のみの原因ではない場合もあります。
パニック障害を発症する年代は、20~30代の社会で活躍する年代に多くみられていますので、家系にパニック障害の患者さんがいたとしても、遺伝がすべての原因とは言えません。
パニック障害の発症は、自分が置かれている環境も大きく関係しています。

環境因子としては疲労や睡眠不足の身体的側面、カフェインの摂りすぎ、温度や湿度、季節の変わり目などが関係しています。
遺伝が心配される場合でも、パニック障害の発症には環境因子も関係している場合が多くありますので、そういった部分もよく考えてみる必要があります。