電車に乗って大丈夫?

質問:電車に乗って大丈夫?

回答:乗り物はパニック障害の患者さんが強く感じる不安要素のひとつです。
電車は不安をより強く感じやすい乗り物で、電車の中でパニック発作を起こした患者さんは、特に避けたい場所として意識しています。

パニック障害の患者さんは、電車に乗ってまた発作が起きてしまったらどうしようといった予期不安、満員電車に乗ると息が詰まり苦しくなるといった広場恐怖症を感じます。
このような症状が実際に出たり、出てしまったらと考えてしまったり、とても不安でたまらない電車
ですが、いつまでもその不安な状況のままではパニック障害を治すことはできません。

パニック障害は、正しい治療を行えば必ず治せる病気です。
そのためには自分自身が不安に打ち勝つ努力が必要とされます。
そして不安に打ち勝つためには、不安と戦わなければなりません。
不安と戦わなければパニック障害を克服することはできないのです。

電車に乗ることがどうしようもないくらい不安に感じても、まずは一度思い切って電車に乗ってみましょう。
ひとりで乗るのは怖い場合には、誰かに付き添ってもらっても構いません。
最初のうちは一駅だけ誰かと一緒に乗るとか、次はひとりで一駅乗ってみようとか、自分ができる範囲からだんだんと少しずつ挑戦していくことから始めてみてください。
もし発作が起きてもすぐに治まる、と言い聞かせ続けてみましょう。
時間が過ぎればパニック発作は必ず治まります。

このような認知行動療法を重ねていくことでできることが増えていき、自信がついてきます。
自分に自信をつけることがパニック障害を克服する第一歩です。
焦らずゆっくりで構いませんので、電車の不安感を克服していきましょう。