アルコールが及ぼすパニック障害への影響

薬を服用してる人はアルコールでの副作用は肝臓によくない影響を与えますから、飲まないことがベストな方法と断言できると思います。

薬を使わない(使ってない)人でアルコールの効果を試してる人はいますが、一時的に楽になったとか、発作が収まったという話も聞きます。血行がよくなるので、かえって
動悸や息切れに良くないような気がしますが、精神的には落ち着くようです。しかし一時的なもので、治療としての関連性は全くないと言っていいと思います。

長時間飲み続けることは不可能でしょうし、続けて飲むことで効果は無くなってきますし、効果の持続時間も短くなってきます。手軽に楽になるならアルコールほど良いものはないと言う人もいると思いますが、リスクも多い事を忘れてはいけません。考えられるのは「アルコール依存」です。飲んだその時は楽になるかもしれませんが、アルコールが抜けてしまえば症状が酷くなることもあります。自転車操業と同じで、辛いから又飲むといったようなことを繰り返してると「アルコール依存症」になりかねません。アルコールのチカラを借りるのは単発では有りかもしれませんが、正当なやり方ではありません。

そのようなことを続けてゆく上で、もっとも危険なのは「パニック障害」の悪化につながるということです。アルコール依存は悪化のための習慣を積み重ねてるようなもので、全く治療とはかけ離れたものですから本人も周りの人もよくよく注意してゆくことが大切です。