飛行機に乗って大丈夫?

質問:飛行機に乗って大丈夫?

回答:パニック障害の患者さんにとって、乗り物に乗ることはとても強い不安を感じるものです。
特に飛行機でパニック発作を起こし、パニック障害を発症した患者さんはより強い不安感、恐怖感に襲われます。
そしてその症状も患者さんによって様々です。
少しのめまい程度の症状ならば飛行機に乗っている間耐えられる、という患者さんもいますし、激しい動悸や呼吸のパニック発作が起きたらどうしようと思って、不安で乗れないという患者さんもいます。

ですが、飛行機に乗ることが不安だからといって、いつまでもその状況から逃げていても何も変わりません。
どうしようもなく不安でも怖くても、まずは一度飛行機に乗ってみる決心をしてみましょう。
一度乗ってみなくては発作が起きるかどうかもわかりません。
もし発作が起きたとしても、パニック発作はすぐに治まることがわかっています。
自分を信じて発作が治まるまで待ってみましょう。
それでも発作が治まらなかったら、医師に処方された薬を飲めば良いのです。

また、飛行機の中で発作が起きてしまう、というような不安なことはなるべく考えず、ツボ押しなどの簡単にできるリラックス方法を試してみるのも効果があります。
手をグーの形に握ったときの、中指と薬指の間のあたりがリラックス効果があるツボですので、不安な気持ちのときはそのツボを刺激してみましょう。
どんなに怖くても不安でも、まずは飛行機に乗ってみることから始めてみてください。